What's Yacht !?

ボタン

加盟大学

ボタン

委員長あいさつ

ボタン

MOVIE

ボタン

Gallery

ボタン

ヨットって何!?

ヨットとは

ヨット(セーリング)は帆船がスポーツとして発展したもので、大航海時代にその起源を持ちます。 当初はその高速性や俊敏さから、海賊の追跡や偵察を目的として建造された高速帆船でした。

現在では、ヨットはクルーザーとディンギーに大別することが出来ます。ざっくり説明するとクルーザーは室内装備があるエンジン付きの船でディンギーは主にスポーツとして使うエンジンがない船です。

大学ヨット部では主にディンギーに乗り、その中でもスナイプ級と470(ヨンナナマル)級と呼ばれる2人乗りのヨットが主流になっています。

ヨットの種類は多岐にわたり、オリンピックでも10を越えるセーリング競技が行われています。

ヨットは基本的に動力として風しか利用しません。セール(帆)と呼ばれる硬い布のようなものを用いて、揚力を発生させることで進みます。揚力によって進むので、風上方向にも進むことができるのです。ヨットに乗っている人が様々なロープを使ってセールを変形させ、かつ風に対する船の向きを調節して風を絶妙な角度でセールに流すことで揚力を生み出して走らせるので、変化する風や波に常に対応し続けることが求められます。

ヨットの魅力って何!?

  • 海の上を風の力のみで駆け抜ける感覚は他では味わえません!
  • ヨットスポーツは体力はもちろんのこと、頭脳も駆使しなければ勝てないスポーツです。
    レース戦略を船に乗っているペアと考えて勝てた時の感覚は一生忘れられないものとなります!

  • ヨットスポーツを通して様々な大学と交流することができ、たくさんの友人を作ることができます!

  • 何よりもこの機会を逃してしまうと一生ヨットに乗るという経験をすることはできません!!
    是非、合同試乗会にご参加ください!
  • ヨット競技は女性選手も多いので、女子でもできます!
  • 海の上を風の力のみで駆け抜ける感覚は他では味わえません!

よくある質問

Q
 ヨットってお金持ちのするスポーツじゃないの!?
A
基本的には各大学が所有しているディンギーを使うため、ヨットを自分で購入する必要はありません!
ですので学生でも簡単に始められるスポーツです!
Q
 海でやるって聞いたけど危なくないの??
A
ヨットの上では全員がライフジャケット(救命胴衣)を着用して競技を行います。このライフジャケットを着用しないと海にでることさえ、できません!また、競技中はレスキューボートが同行していないと練習できないことになっております。このように各大学では安全を前提とした練習を徹底して行っています。
しかし、海の上では絶対の安全というものはありません。なのでヨット部員は安全にヨットをするためにも日々、自分の技術向上に全力を尽くしているのです!
Q
 活動場所はどこでやっているの?
A
関東の加盟大学は江の島、葉山、八景島、稲毛などの場所で活動をしています。各大学で活動場所が異なりますので各大学担当者にお問い合わせください。
Q
 女性でもできるの?
A
ヨット競技は体力だけではなく知力も必要なスポーツです!たくさんの女性選手がいるということもヨット競技のいいところです!
Q
 ヨットってお金持ちのするスポーツじゃないの!?
A
基本的には各大学が所有しているディンギーを使うため、ヨットを自分で購入する必要はありません!
ですので学生でも簡単に始められるスポーツです!

合同試乗会開催!

参加登録フォーム

合同試乗会に参加を希望される学生の方は下の登録フォームに必要事項をご記入ください。詳しい予定など担当者からお知らせいたします。参加予定大学に自分の大学がない方でも登録フォームに記入していただいてもかまいません!別途、ご案内させていただきます!

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

委員長挨拶

新入生の皆さん、大学へのご入学おめでとうございます。

いよいよ大学生活が始まり、大学での4年間をどう過ごそうか迷っている時期だと思います。留学、サークル、アルバイト…選択肢は色々とあると思いますが、大学での4年間はあっという間に過ぎてしまいます。だからこそ皆さんには夢中になれるものを見つけて充実した生活を送ってほしいと思います。

我々関東学生ヨット連盟は、大学ヨット部こそ4年間をかける価値のあるものだと自信をもって皆さんに勧めたいと思います。ヨット競技では風と海の変化を予測し、相手と駆け引きし、そして何より己に克ち冷静に競技を行うことが必要とされます。日々の練習と経験の積み重ねによって自己完結能力を高め、感性と身体を研ぎすますことで勝利を手にすることが出来ます。そのような成長を遂げさせてくれる環境こそヨット部であり、そんな時間を共有する仲間はかけがえのない存在となります。こんな時代だからこそ、ヨット部で培う精神と肉体、そして仲間はいっそう価値ある財産となっていくでしょう。皆さんの4年間、最高の環境で、最高の仲間とともにヨットに懸けてみませんか?

皆さんがヨット部に入部し、ともにインカレで戦えることを楽しみにしています!

関東学生ヨット連盟 委員長
菅原雅史

加盟大学

日本大学

東京工業大学

筑波大学

明海大学

中央大学

明治大学

駒沢大学

防衛大学校

東京経済大学

東京農工大学

MOVIE

Gallery